People

  • 若手座談会

  • photo

    ダイレクトマーケティング事業部米田 まりな

  • photo

    船舶事業部住友 裕哉

  • photo

    メディア・生活関連業務部大木 裕斗

  • photo

    鋼鉄原料部立園 裕美

  • photo

    電力EPC第二部青木 航

入社前、後の住友商事のイメージは?

photo

立園入社前に先輩に会ったり、面接を通じて感じたのは、他と比べて温かい会社だなということかな。そして、みんな生き生きとしていて楽しんで仕事をしているな、と思った。

大木僕も同じ。温かい会社だなと思った。僕は関西採用なんだけど、いい意味で「人間くさい」イメージを持ってた。社員の方々との座談会にも参加していたけど、本音で話せる雰囲気がすごく良くて、そこも住友商事に決めた理由のひとつかな。


photo

住友僕も二人に近くて、「派手さはないけど、誠実な会社」という印象だった。受けたどの会社の面接よりも、自分の思いが届いている実感があった。入社してから感じたのは、やっぱり先輩方のすごさ。頭と体の両輪が、つねに動いているすごさだね。

青木そうだね、僕も入社前の印象は「優秀な人が多くいる頭のいい会社」だったけど、入社してわかったのは、個人としてそれぞれが優秀なだけじゃなく、チームとして成果を出す力がすごいということ。

立園先輩方の仕事ぶりもそうだし、総合商社としてのスケールの大きさも、ね。これはもう、想像以上だった。


photo

米田私の住友商事との出会いはちょっと変わっていて、短期留学した中国の語学学校で、駐在員の女性社員と知り合ったんだけど、その方の働く姿が輝いていて、すごく憧れたのがきっかけ。グローバルでスケールが大きな会社というのは入社前から思っていたけど、入社してからちょっと意外だったのは、大きなビジネスを進めていく全体の話だけじゃなくて、それに必要となる細かな仕事もひとつひとつ、みんながそれぞれ責任を持ってやっていること。小さな作業でも、ひとつひとつ丁寧に向き合う姿は、初めのイメージと違ってちょっと驚きだった。

青木仕事をすみずみまで見ているのはもちろんなんだけど、人をちゃんと見てくれている会社だなと思う。上っ面じゃなくて、現場での僕という「実物」をみてくれている。


photo

住友わかる。任される喜びってあるよね。僕の部署はチームというより「軍団」と言うほうがぴったりくる結束力の強さで、先輩方はガンガン外に出て仕事を取る。そして、周囲を上手く巻き込んで、それを進める。どんどん任せてくれるんだよね。

立園私のまわりの先輩たちは、情報を敏感にキャッチして分析する力がすごいなと思う。たとえば、取引先に行くとき、知りたい情報量が10あったとすると、必ず30、40の情報を持って帰ってくる。一緒に外出しても「あれ、こんなこと言ってたっけ」ということをキャッチしていて、アンテナの広がり方が全然違う。まだまだ差を感じるな。


大木知識の量も、ハンパじゃないよね。これは追いつくには一生かかるぞ、と。

青木僕は、一生かかっても追いつけないんじゃないかと思うときがある(笑)。冗談はともかく、「これは絶対いける」と断言して本当に実現する先輩の姿は、ただただ、すごい。かっこいいのひと言です。

仕事の面白さ、やりがいについて


photo

住友僕は「船を売る」のが仕事だけど、この部署で良かったなと思うのは、地方の船のオーナーさんとか、多くの社長に会えること。いろいろな考え方を学ぶことができるし、なによりこの歳で、社長という立場の人に直に会って仕事を進められる経験を与えてもらえるのは、すごい会社だなと。

青木僕は内定をもらった頃から、面談で希望部署を言っていて、それが叶った。やりたかった仕事をできていることもあって仕事はもちろん面白いけど、要求される知識のレベルが高いから、早く先輩のようにならなきゃ、と焦る部分もあるかな。


photo

米田私も配属希望が100%叶いました。インターネットかテレビ関連の業務に就きたいと言っていて、今化粧品や、日用品など、ネット通販で国内・海外の市場で販売する仕事をしています。

立園総合商社に頼らないで個人で起業する人もいる時代だから、いろいろ大変でしょう?

米田自分のオフの時間もネットとにらめっこしてリサーチしています。この間のお休みには、街で中国からの旅行者の団体をみかけて、何を欲しがっているのか無性に興味が湧いたので、お店の中を一緒に歩いて、かごの中を覗き見たりしてた(笑)。


photo

大木すごい行動力(笑)。僕は、業務部(営業に近い立場で、直接個別の案件に携わりながら営業をサポートする部署)だけど、担当を持ってみて、1つの案件が動き出すまでの間に営業の担当者だけじゃなくて、業務部や法務・経理といったたくさんの部署の人との関わりが多いことに気づいた。部署を横断して大きな枠組みで仕事ができることは、すごく勉強になってる。
あとは入社年次とかは関係なく、自分の提案を採り入れてもらえるのも仕事の面白みの一つだと思う。これからどんどんそういう機会を増やしていけたらと思っている。


立園私も早く貢献できるようになりたいなと思う。私は鉄鋼原料部で、お客様もチームの先輩も「その道一筋」でキャリアの長い人が多いから、そんな人たちと対等に話せるくらいの知識をつけて「お前が行け」と取引先とのやり取りを任せてもらえるようになることが今の私のチャレンジ。私は理系の出身だけど、理系だからこそ役に立てることもあるはずで、そういう部分でも早く貢献できるようになりたいな。

青木僕は今、マレーシアに発電所を造るプロジェクトに関わっていて、2週間の出張に行かせてもらったけど、グローバルな案件となると不測の事態があったりしてね…。だからこそ学びも多くてやりがいがある。出張ではとてもいい勉強をしたから、これからの仕事に必ずプラスに活かそうと思っています。

指導員制度について

指導員制度…「指導員」と呼ばれる先輩社員が、1対1で新人の指導にあたる制度。


photo

米田私の指導員は、頑張らなかったらちゃんと叱ってくれて、頑張ればできなくても、フォローしてくれる。頑張ってできたときは、すごく褒めてくれます。一度、私が大きな失敗をして、指導員が上司から叱られたときも、申し訳ない気持ちでいっぱいだったけど、「お前の失敗はオレの失敗だから」って言ってくれて…。それまで言い訳したり、取り繕っていた自分が恥ずかしくなったけど、先輩の男気に正されました。

青木僕の指導員は3年目の先輩で、とにかく持っている知識をすべてシェアしてくれて、力強くサポートしてもらってる。とても頼れる先輩で、「自分は足を引っ張ってばかりだな」と、その先輩を鏡に勉強の毎日です。。


photo

立園私の指導員も仕事がすごくできる方で、背中が大きく見える。なるべく負担をかけないように期待に応えようというのが今の私の原動力で、1年という期限があることで、その間に最大限吸収しようというモチベーションになっているかな。

住友僕の指導員は7年目で、アメフトをやっていて身体が大きく、熱い人。社内外での信頼も厚くて、僕の事も引っ張ってくれます。忘れられないのは、ある書類を作ったときに叱られたこと。作ればいいってもんじゃない、それを渡す人を思って作らなきゃダメだぞって。


photo

大木僕の指導員は11年目の先輩。すごく優秀で、優しくて、どんなことも手取り足取り教えてくれて、もうおんぶに抱っこでした。「でした」というのは、3か月くらいでその先輩が長期出張に出たために、その日から、指導員がいなくなってしまって。ピンチヒッターで指導してくれた先輩は、一から指導するというよりは「まず自分で考えてみろ」という方針で、最初は戸惑ったけど、考えるクセがついて勉強になったな。

立園指導員の先輩の教えによって成長の方向性は変わるよね。


大木それはもちろんあるね。でも、どの先輩についても、勉強することだらけだよ。

入社してからの変化・成長

photo

青木自分の中で一番大きく変わったなと思うのは、個人としてベストを尽くすという意識から、チームとしての自分の役割を考えるようになったことかな。一人では到底なし得ない大きなプロジェクトに携わっているわけで、目標達成のために「チームの中で自分が最大限できることは何か」ということを考えるようになった。

立園私もそう。チームの一員として、チームの都合を優先的に考えるようになってきた。

大木僕は、自分自身の変化としては、仕事の優先順位を考えるようになったこと。最初は目の前の仕事を片っ端から、という感じだったけど、たくさんの仕事を抱えるとそういうわけにもいかなくて。今は、つねに仕事を書き出して、しっかりと優先順位をつけるところから始めている。


photo

米田私は仕事を通じて、世の中の見方が変わって、日々の生活の中で小さな発見が増えた。ネットや買物に関わる仕事なので、雑貨ひとつを見るにしても、見るたびにいろんな考えが頭の中に広がったりして。日常の何気ない気付きが仕事にも繋がって、毎日がすごく楽しい。

住友仕事を通じて興味が広がったっていうのは、僕も同じだな。世の中、知らないことがいっぱいあるんだなってことをあらためて感じて、知ることの楽しさを知ったというか。入社するまで、今関わっている「船」には興味も関心もまるでなかったから。


photo

米田興味を持つって大事だよね。私の仕事は特に、若手の気付きが大切な業務でもあるので、知ることの探求をつねに心がけてます。

青木僕は成長というか、成長の過程なんだけど、先輩から「とにかく聞きまくれ」という言葉をもらってから、「知る」ことに対して貪欲にという意識を持ち続けているよ。

立園これは成長と言えるかどうかわからないけど、もうひとつ自分の中で変化があるとすれば、さまざまな仕事に対して「自分も関わりたい」という気持ちが強くなったことかな。

今後の「夢」や「目標」

photo

米田私の夢というか目標は、今携わっているネット通販事業をアジアNo.1にすること。アジアの女の子がこのサイトを見て、このサイトで買いたい!と思うようなサイトを作りたいです。

青木僕は、今関わっている仕事がまさにそうだけど、海外、特に発展途上国で、多くの関係者を束ねてその国全体に貢献し得るような大きな発電プロジェクトを動かせるようになりたい。そのために、まずは経験を重ねて必要とされる人間にならないと。いつか大きな仕事を成し遂げて「あれは自分がやったんだよ」と、将来の家族に言ってみたいなあ。もうひとつ大きなことを言うと、いずれは全社の経営に関わってみたいかな。


photo

立園私は、大きな目標というより、小さな目標を積み重ねていきたいと思ってる。情報力を培って、ロジカルに文章を書いたり、人に伝えられるようにまずはなって。お客様のところに自信をもって行けるようになりたい。強いて野望みたいなことを言うとしたら、なにか新しいビジネスを生み出してみたいかな。後追いじゃなく、新しい「概念」をつくるようなね。


photo

住友僕は、今の仕事でいえば、日本の船は環境規制をきちんとクリアし燃費も優れているんだけど、他国の造船所に比べて値段が高くて、買い渋られる事が有る。価値のある日本製の船が、造船所もオーナーも納得出来る適正な価格で売れる、そんな商売をしていきたいと考えています。あとは、僕は名前が「住友」だけど、「住友商事の住友」じゃなく、「住友がいる住友商事」と呼ばれるような人間になりたい。

青木いっしょじゃないの(笑)

プライベート・休日の過ごし方

photo

大木休日は勉強することが多いかな。ただ、普段仕事で遅めの帰りも多いので、寮の同期とゴルフに行ったり、遊びに行ったり、息抜きはちゃんとしてる。

立園休日の時間をどう使うか、OFFの時間の管理もけっこう大事だよね。私は誰かと一緒に出かけるというより、どちらかというと自分の時間に使うことが多いかな。

米田私はたまに、気分転換にゴルフ!その時だけは、商品リサーチを忘れてね(笑)。


photo

立園女子会みたいなものは、たまにやる。あと、社内のコミュニティも楽しいよね。カレー部とか、おいしいパン屋さん探しとか…あ、食べることばっか(笑)。

住友僕は、ラグビー三昧。住商のチームでやったり、地元のチームでやったり。運動部も強制的じゃなく、自由な雰囲気があっていいよ。みんなラグビーやらない?

米田ムリ(笑)。

青木寮生活なので、休日も寮での交流が楽しい。飲んでもすぐ部屋に帰れるし(笑)。

大木そうそう。食堂で会い、お風呂で会い、談話室でまた会う。同期も先輩も、家族みたいな付き合いで楽しいよね。

photo

Pagetop