People

  • 新浦安寮
    座談会

  • photo

    タイヤ部小林 亮太

  • photo

    基礎食料部栃川 麿希

  • photo

    ダイレクトマーケティング事業部橋爪 渉

  • photo

    建設機械事業本部戸高 大志

  • photo

    油井菅事業部相川 駿

寮の環境について

photo

橋爪入社が決まって、寮があるって聞いて、どう思った?

小林僕は大学時代は一人暮らしだったので、楽しみでした。設備も素晴らしいって聞いていましたから。

戸高生活は快適で、言うことなし。談話室は広くて開放的だし、ゆったりくつろげるソファーや大きなテレビもあってリラックスできる。施設だけじゃなくて、仕事から帰ってからも相談できる仲間がいるというこの環境が、なにより最高。


photo広くて開放的な談話室。ここで寮生同士のコミュニケーションが深まる。

相川そうですね。僕は特に大浴場が好きです。残業して帰ったときでも誰かに会えて、「今日もお疲れさま」って声をかけあうだけで疲れが取れます。先輩への相談ごとも、お風呂だとオープンな気持ちで話せますしね。

橋爪仕事を忘れて、ときにはハメをはずして息抜きしてもいいよ。ハメのはずし度合いは、寮長としてちゃんとチェックするけど(笑)。

戸高サッカーの試合のときとか、談話室はちょっとしたパブリックビューイングだよね。


photo寮内のトレーニングルーム。週末だけなく、平日の出社前や帰宅後に汗を流す人も。

小林そうですね。70〜80人集まって、すごい盛りあがり。1人で観るよりゼッタイ楽しい。

栃川アメフト部の僕は、トレーニングルームがあるのがうれしい。1人では難しいウエイトトレーニングも、後輩と一緒にできるし、食事もきちんと栄養管理されている。最長6年いられるけど、寮を出る気にはなかなかなれない…快適すぎて(笑)。

橋爪夏の中庭がすごくいいよ!ボーッとひなたぼっこするには最高に気持ちのいい場所。

戸高目に浮かぶよ。想像したくない(笑)。

相川ちょっと歩けば海も近いし、コンビニや大きなスーパーや家電量販店もすぐそばにあるし、駅前には大きな商業施設もあって、ほんと環境に恵まれてますよね。

寮での人間関係

photo

橋爪会社では部署や入社年次が違う人とは、普段なかなか接点が生まれにくいけど、寮ではフランクに情報交換ができる。それも寮生活のいいところだよね。同期がいる人、直属の先輩・後輩がいる人…関係はさまざまだけど、風通しがとてもいいのがここの特長。よすぎるという説もあるけど(笑)。

戸高僕は部署の後輩が同じ寮にいるので、時々一緒に帰ってくる。帰り道で愚痴を聞いた日は、着いたら一緒に風呂入って、ビールを飲んで、たまったものを受けとめて。自分が新人だった頃を思い出してね、発散できるようにできるだけこちらから声をかけて話をします。

栃川寮ならではのいい関係ですね。僕は、同期がたくさんいるので話をしたり、聞いてもらったり。一人暮らしだったらくよくよ考え込んでしまいそうなことも、誰かの部屋に行ってしゃべるだけでスーッと気分が晴れますから。


photo寮のメンバーでランニングに出かけることも

相川休日には皆で、誘い合って、買い物に行ったり息抜きに出かけたりしてます。車を持っている人とドライブに行ったり、何人かで旅行に出かけたり。何をするにも、すぐにメンバーが集まるのも寮のいいところですよね。

橋爪大袈裟かもしれないけど、人生のある時間を一緒に暮らしているわけだから、もう家族兄弟みたいなものだよね。寮を出てからも、ずっといい関係が続いていくんだと思う。

小林管理人の人もすごく面倒見のいい人ですよね。


戸高そうそう。一度、飲んで帰ってうっかり玄関で寝ちゃったことがあって…短時間だけどね。目覚めたら、そっと毛布をかけてくれていた(笑)。

橋爪起こしてくれたらいいのに(笑)。

戸高いやいや、そこもやさしさだよ!

寮でのイベントや活動

photo

栃川イベントは、いろいろありますね。先輩や後輩と、普段の生活とはまたちがう交流がはかれるいい機会ですよね。

小林イベントと言えば、夏の一大イベントが、浦安の花火大会。屋上からバッチリ見えて、特等席ですよね。ちなみにそのときのバーベキューの準備は新人の仕事で、買い出し担当や焼き担当は、大変そうでした(笑)。

戸高新人は、そうやって立派な先輩になる(笑)。ゴルフやろうよ。スコアで先輩を見返すチャンス(笑)。僕が寮長のときに始めたゴルフコンペは、最初は7〜8人の規模だったのが、前回は30人も参加者がいたよね。


photo社内のゴルフコンペなどもよく行われます。

小林僕も最近ゴルフ始めました!

戸高みんなで行くと楽しいし、ヘタな人ほどよく歩いていい運動になる(笑)。

栃川会社の運動会では寮対抗の競技もあり、ここでも一致団結しますね。新浦安寮のここぞというパワーはすごいです。

寮生活のメリット

photo

小林寮生活でなによりありがたいのは、朝と夜の食事ですね。朝はビュッフェスタイルで食べ放題だし、夜も栄養バランスがいい食事を出してくれる。

橋爪僕はカレーの日はテンションが上がるよ(笑)。

栃川クリーニング屋さんが来てくれるのもすごく助かってます。食事ももちろんそうですけど、生活面でのストレスがないので、仕事に集中できます。


photo

小林寮に入るまでは「プライベートがあるのかな」とか、あれこれ考えていましたけど、もちろんしっかりあるし、そんな心配より、先輩方からいろんな生の情報が日々入ってくるこの環境でいい時間を過ごせているなと実感しています。1年目としてはまだ未知の「海外」の話を聞くと特にモチベーションが上がります。

戸高たくさんの仲間がいるおかげで、常に自分の立ち位置を確認できるよね。仕事がすごくしんどい時、寮までの道のりでため息なんかついていても、帰ってみんなの姿を見ると「しんどいのはオレだけじゃないんだ」ということを気づかせてくれて。勇気やパワーまでもらっている。

橋爪会社の年代がちがう先輩も、元々寮生なので、コミュニケーションのきっかけになったりします。話が分かって、ぐっと距離が縮まりますね。

栃川それはある。部署がちがう先輩とも「寮つながり」だとすごく話が早かったりします。

photo

住友商事の魅力とは

photo

栃川OB訪問に来てくれた大学生によく話すんですが、住友商事って、フレンドリーで、チームの和を大切にする会社だよ、と。どんな人にも目線を合わせて親身になって話してくれるというか。

戸高そうだね、ハートのある人が多いよね。仕事の面で言えば、ある部分だけが際立つのではなく、すべてにおいて高いレベルでバランスが取れている人が多いんじゃないかな。

相川僕は、部署が変わってそんなに時間が経っていないときに「お前がやってみろ」とある仕事を任されたんです。うまくいかないときも、上司は僕をしっかり見ていて、失敗しそうになったらフォローしてくれて。そのとき、ああ手厚く教育されてるんだな、と思えてすごくうれしかったですね。


photo

小林入社前は華やかなイメージがあったんですけど、入社してひとつひとつの仕事にコツコツと丁寧に向き合う姿勢もまた、住友商事の魅力であることを知りました。

橋爪研修制度もしっかりしているよね。ビジネスのノウハウをしっかり学んだうえで、海外赴任もできるし。

相川海外での仕事の夢が、夢ではないですよね。南アフリカへ、短期出張の予定で行ったまま3か月帰って来なかった、なんて同期の話を聞くとうらやましいです(笑)。いろんなことが起こりうる海外でのビジネスの現場に、早く足を踏み入れてみたいです。


戸高ビジネスに対するそれぞれの夢や目標は、それが海外であれ、国内であれ、チャレンジと頑張りで誰でも実現することができるんだよね。たとえ失敗したとしても、それが全力のチャレンジであれば必ずまたチャンスがくるから。そこが、住友商事の大きな魅力だよ。

photo

Pagetop