Company

マテリアリティ社会とともに持続的に成長するための
6つのマテリアリティ(重要課題)

<マテリアリティ(重要課題)を特定するにあたって>

住友商事グループの根底には、住友の400年にわたる持続的な発展の基盤となった住友の事業精神が流れています。そうした事業精神の一つに「自利利他公私一如」があり、その説くところは、自らに価値をもたらすと同時に取り巻く社会にも価値をもたらし、ともに成長を実現することにあると考えます。
この精神は、住友商事グループの経営理念に受け継がれています。私たちは常に変化を先取りして新たな価値を創造し、広く社会に貢献するグローバルな企業グループであり続けたいとの思いを胸に事業活動に取り組んできました。
今、社会が抱える課題に対して事業活動を通じてどのように取り組んでいくのかが改めて大きく問われています。私たちは、将来にわたって、社会とともに持続的に成長するために、住友の事業精神、住友商事グループの経営理念を踏まえ、事業活動を通じて、自らの強みを生かし優先的に取り組むべき重要な課題を特定しました。

グローバルに広がる顧客·パートナーとの信頼関係とビジネスノウハウを活用し、健全な事業活動を通じて豊かさと夢を実現するという企業使命を果たすことで、当社の成長と社会課題の解決を両立していきます。

  • 地球環境との共生

    循環型社会の形成と気候変動の緩和を目指し、資源の有効利用や再生可能エネルギーの安定供給に向けた仕組みづくりに取り組むことで、地球環境と共生した成長を実現します。

  • 地域と産業の発展への貢献

    さまざまな国や地域の人々のニーズに応えてモノやサービスを安定的に調達·供給し、産業のプラットフォームづくりに貢献することで、地域社会とともに成長·発展する好循環を生み出します。

  • 快適で心躍る暮らしの基盤づくり

    毎日の生活に必要なモノやサービスを提供してより便利で快適な暮らしを実現するとともに、質の高い暮らしへのニーズにも応えていくことで、全ての人々の心と体の健康を支えます。

  • 多様なアクセスの構築

    人·モノが安全かつ効率的に行き交うモビリティを高め、情報·資金をつなぐネットワークを拡大することで、多様なアクセスを構築し、新たな価値が生まれる可能性を広げます。

上記の課題を解決するための基盤として、人間尊重や信用·確実といった経営姿勢と、活力に溢れ革新を生み出す企業風土のたゆまぬ維持向上に努めています。

  • 人材育成とダイバーシティの推進

    多様なバックグラウンドを有する人材が、各々のフィールドで能力を最大限に発揮して、新たな価値や革新を生み出せるように、最重要の経営リソースである人材の育成·活躍推進に取り組みます。

  • ガバナンスの充実

    透明性を確保しつつ、持続的な成長に向けた戦略の立案·実行およびその適切な監督を充実させることで、経営の効率性を向上し、健全性を維持します。

地球環境との共生

  • 再生可能エネルギー事業

    風力発電や太陽光発電などの再生可能エネルギー事業を国内外で積極的に展開し、環境に配慮した安全・安定的なエネルギー供給を進めています。

  • 木材資源事業

    ロシア極東における総合林産事業では、親木を残すことで種子が育つ環境を維持するリボンカッティング方式を採用し、持続可能な森林経営に取り組んでいます。

  • リユース蓄電池プロジェクト

    電気自動車の蓄電池を再利用し、自然条件によって発電量が変化する再生可能エネルギーの出力を安定化することで、再生可能エネルギーの導入拡大に貢献しています。

快適で心躍る暮らしの基盤づくり

  • ケーブルテレビ事業

    全国528万世帯に90チャンネル以上のテレビやインターネット接続サービスなどを提供する日本最大のケーブルテレビ事業を通じて、人々の生活全般を彩っています。

  • 自動車・二輪車ファイナンス事業

    主に新興国において、従来自動車・二輪車が購入できない所得層にもそれらの購入を支援する融資事業を行うことで、人々の生活を飛躍的に向上させています。

  • 農薬・肥料事業

    自社の販売網を通じた農薬や肥料などの農業資材の供給や、適正使用法の啓発活動などにより、食糧の安定供給と環境負荷の小さい農業生産に貢献しています。

地域と産業の発展への貢献

  • エネルギーの安定供給事業

    鋼管ビジネスでは、優れた品質と高い技術力を生かした鋼管・周辺機材を全世界に供給することで、エネルギーの安定供給に貢献し、産業の基盤を支えています。

  • 工業団地事業

    アジアでの日系企業のモノづくりを支えるとともに、現地での雇用創出、人材育成、周辺環境の整備などを通じ、地域の産業振興と経済発展に貢献しています。

  • 資源開発事業

    資源の安定供給と同時に所在国の人材育成や産業・生活インフラ整備などの地域振興にも取り組み、環境保全と持続的な発展に貢献しています。

多様なアクセスの構築

  • 航空機リース事業

    人・モノの移動を支える航空機産業において、航空機のリース事業を通じて機体の安全かつ適切な管理を支え、世界の国々をより近くにつなげています。

  • 携帯電話キャリア事業

    ミャンマーの携帯通信事業では、日本品質のサービス提供により、同国の携帯電話普及率の急増に貢献し、多様なアクセスを生むネットワークを創出しています。

  • 交通網構築を支える事業

    長尺レール船を整備することで、従来は6分割で運んでいた150メートル長の鉄道用レール輸送を可能にし、線路網の早期拡充・保守作業の軽減に貢献しています。

人材育成とダイバーシティの推進

人材育成とダイバーシティの推進

住友の事業精神を体感する別子銅山での研修や、海外現地採用社員向け研修、女性の活躍推進など各種施策を通じて、グローバルに活躍できる資質と意欲を持った人材の育成とダイバーシティを推進しています。

ガバナンスの充実

コーポレートガバナンスの充実

中期経営計画で掲げた「経営改革の推進」を実行し、取締役会のモニタリング機能の強化と取締役会の実効性のさらなる向上に向けた継続的な取り組みを通じて、コーポレートガバナンスの充実を図っています。

Pagetop