Business

Metal business
section

金属事業部門

鋼材、鋼管、非鉄金属製品に関する事業

事業概要

金属事業部門は、鋼材・鋼管等の鉄鋼製品をはじめ、非鉄金属のアルミ・チタンなどあらゆる金属製品を取り扱い、国内外において、顧客のニーズに対応した独自のサービス機能を発揮しながら、それぞれのバリューチェーンを展開しています。
薄板分野では、加工・在庫管理を含むSCM(サプライ・チェーン・マネジメント)システムを活用。
内外のスチールサービスセンター網を通じて、自動車・家電メーカー向けを中心に、付加価値の高いサービスを提供しています。
鋼管分野では、石油・ガス会社向けの油井管において、一貫した管理に加えてメンテナンスや保管も含めた独自のSCMシステム「TIMS(※)」を駆使。トータル・サービス・プロバイダーとして世界的なネットワークを構築しています。

TIMS:Tubular Information Management System

金属事業部門について詳しく見る

事業概要

輸送機・建機事業部門は、自動車、船舶、航空機、鉄道などの輸送機、建設機械において、川中から川下、川上分野へと事業を展開しています。
自動車分野では、自動車および自動車部品製造から流通・小売り、金融サービスにわたるバリューチェーンをグローバルに展開しています。
船舶分野では、商社で唯一、製造メーカーである大島造船所に出資しており、自社船事業も展開しています。
また、建設機械分野では、商社トップの取扱高とさまざまな地域での幅広い事業展開を誇るユニークな企業グループとなっています。
そのほか、航空宇宙関連の事業投資をはじめとする航空機事業、鉄道プロジェクトおよび車両輸出に強みのある鉄道車両事業を展開しています。

輸送機・建機事業部門について詳しく見る

Transportation &
Construction
Systems section

輸送機・建機事業部門

船舶、航空宇宙、車輌、自動車、
建設機械、リースに関する事業

“グローバル視点”では、モノは売れない。世界の自動車マーケットを見てきた商社マンのローカル仕事術

Environment &
infrastructure
section

環境・インフラ事業部門

環境・産業インフラ、電力インフラ、
物流保険に関する事業

事業概要

環境・インフラ事業部門は、「基幹インフラの高度化を通じ、社会に貢献する機能集団」を目指し、電力事業(再生可能エネルギー発電を含む)、水事業、プラントEPC(※1)、プラント機械・設備、次世代電池、物流保険などの幅広い分野における強みを融合し、各種インフラビジネスに取り組んでいます。
環境・インフラプロジェクト分野では、国内外における風力・太陽光を中心とした再生可能エネルギー発電事業、国内での電力小売事業の他、水事業に注力しています。
電力インフラ分野では、海外における大規模なI(W)PP(※2)事業及び電力EPCビジネスに取り組んでいる他、蓄電池を利用した新たなビジネスを手掛けています。
物流・保険分野では、輸送・通関・配送などの物流サービスに加え、各種保険手配、海外工業団地の開発・運営を行っています。

  • ※1EPC:工事込みプラント建設請負形態
  • ※2I(W)PP:独立発電(造水)事業者

環境・インフラについて詳しく見る

育休復帰1ヵ月。総合商社ウーマンが見た、“働き方改革”のリアル

事業概要

メディア・生活関連事業部門は、メディア、ICT、ライフスタイル・リテイル、食料、生活資材・不動産の分野で事業を展開しています。メディア分野ではケーブルテレビ(CATV)、多チャンネル番組供給、映画関連事業を核に、インフラとコンテンツの両面から事業を展開しています。
ICT分野では、ITサービス、モバイル関連事業を柱とした事業を展開しています。ライフスタイル・リテイル分野では、テレビショッピング、食品スーパー、ドラッグストア、ファッション・ブランド事業を主力に消費者の多様なライフスタイルに対応した各種リテイル関連ビジネスを展開しています。食料分野では、安全・安心を最優先した食料の生産・販売・品質管理までの一貫したビジネスを展開しています。生活資材では、生コン・木材建材などの分野で、社会生活基盤を支える、高品質で競争力のある資材を提供しています。また、建設不動産では、オフィスビルや商業施設の賃貸・運営事業、住宅開発・分譲事業、不動産ファンドビジネスなどを主な柱とし、大型複合面開発事業にも注力しています。

メディア・生活関連事業部門について詳しく見る

Media &
lifestyle-related
section

メディア・生活関連事業部門

メディア、ネットワーク、ライフスタイル・リテイル、
食料、生活資材、建設不動産、総合建設開発に関する事業

アスミック・エース株式会社 代表取締役社長 長澤修一 映画会社再生の陰に、総合商社マンあり。30億の赤字からの起死回生物語。

Resources &
scientific goods
section

資源・化学品事業部門

資源、エネルギー、基礎化学品・エレクトロニクス、
ライフサイエンスに関する事業

事業概要

資源・化学品事業部門は、資源、エネルギー、基礎化学品・エレクトロニクス、ライフサイエンスの分野で事業を展開しています。
資源・エネルギー分野では、アンバドビーニッケルプロジェクトやシエラゴルダ銅・モリブデン鉱山開発プロジェクトといった仕掛中案件の早期完工・収益化に注力しています。また既存の生産権益については、継続的なコスト削減による収益力の改善を図り、コスト競争力や将来性の点でより良質な資産の入れ替えを実行します。
トレードビジネスでは、炭素製品、鉄鋼原料、石油、ガスに加え、商品デリバティブの機能提供も行い、中国を中心とするアジア等、需要の伸張が期待できる市場へのグローバルな展開を行っています。
基礎化学品・エレクトロニクス分野では、原料、有機・無機化学品や合成樹脂、先端電子材料のトレードに加え、EMS事業を積極的に展開しています。ライフサイエンス分野では、医薬、農薬、肥料、ペット関連商品などを扱っています。

資源・化学品事業部門について詳しく見る

Pagetop