Business

住友商事の総合力

強固な「ビジネス基盤」と多様で高度な「機能」を戦略的・有機的に統合し、新たな価値を創造する「総合力」こそが、住友商事グループの強み。

住友商事グループは、グローバルに幅広い産業分野で事業活動を展開する企業グループです。当社グループのコア・コンピタンスは、「総合力」にあるといえます。
住友商事グループには、「信用」「グローバルネットワーク」「グローバルリレーション」「知的資産」という強固なビジネス基盤と、「ビジネス創出力」「情報収集・分析力」「ロジスティクス構築力」「ICT(情報通信技術)活用力」「金融サービス提供力」「リスク管理力」という多様で高度な機能があります。
これらのビジネス基盤と多様な機能を戦略的・有機的に組み合わせて、お客さまのニーズに応えるとともに、世の中の変化を先取りし、既存の枠組みを越えて、新たな価値を創造していく――そのような力が住友商事グループの「総合力」です。
住友商事グループは、「総合力」を幅広い産業分野において多様な事業活動を行う上での競争力の源泉となるコア・コンピタンスと位置付け、全社員がその継続的な強化に取り組んでいます。

事業領域の拡大

時代の変化に柔軟に対応し、パートナーと共に成長する。

住友商事グループは、時代の変化に柔軟に対応し、お客さまやビジネスパートナーから求められる機能と役割を発揮することで、自らの事業領域を広げてきました。現在、国内取引、輸出入、三国間取引といったトレードビジネスと、幅広い産業分野の川上から川下までのさまざまな領域において多様な事業投資・事業経営を行っています。
新興国の急速な経済成長、エネルギーや食料需給の逼迫(ひっぱく)など、世界は常に変化しています。こうした環境変化の中で、住友商事グループの活躍の場はさらに広がっていきます。常に変化を先取りして新たな価値を創造し、世界中のパートナーと共に成長していく――それが住友商事グループです。

Pagetop